大人の目元が引き立つアイメイクの順序って?

アイメイクの順番

こんにちは、蓉子です。

今日はメールでいただいた質問に「アイメイクをしても目元がぼんやりしてしまうのですが、何かポイントはありますか?」

というのがありまして、よくお聞きしてみるとアイメイクの順序に問題があるようでした。

アイシャドウの塗り方やアイラインの引き方のHOW TOはよく見かけますが、アイメイク全体の順序については触れられてなかったりしますね。

色々なテクニックがあると思いますが、自然で引き締まった目元を作るためにも大切なアイメイクの手順を書いて見ますね。

1.目の周りはパウダーでサラサラにしておく

リキッドやクリームタイプのファンデをお使いの場合は、軽くフェイスパウター(お顔に塗ったのブラシのあまり程度)で目の周りを払ってサラサラにしておきましょう。そうするとアイシャドウの発色もよくなり、アイラインやマスカラがにじまなくなります。特に目の下にパウダーをのせておくと化粧くずれが防げます。

2.アイホール全体にハイライトカラーを塗る

2色や3色のアイシャドウをお使いの場合は一番明るいハイライトカラーを中央にのせ、ブラシを左右に動かしてまぶた全体にのばします。一重、奥二重の方はすこし大きめに縦長にのばして。

3.目の際からメインカラーを塗る

3色シャドウの場合はメインカラーを、2色シャドウの方は目尻側の目の際から2と同じアイカラー、またはハイライトより濃いめの色を目を開けたときに少し色が見える範囲に小さめのブラシで重ね塗り。仕上げに上に向かってジクザグにのばすと自然なグラデーションになります。
目の下側の際にも目尻から目の中央に向かって細いチップなどで細く同色を塗っておきます。ただし、白いパールなどは目頭~黒目の下の中央部分だけにしておくほうがよいでしょう。

4.まつげをビューラーであげる

このタイミングでビューラーでまつげをあげておきます。そうすることでまつげの際メイクがやりやすくなります。
目尻側だけでもしっかりあげておくと目が大きくなりますよ

5.アイライナーペンシルでまつげの隙間を埋める

ビューラーをかけておくと、まつげの隙間が見えやすくなるので、まつげの隙間を埋めるように柔らかめのペンシルで点で打つように描いていきます。ここでは無理に線をつなげなくてもOKです。

6.まぶたの際から締め色シャドウをのせる

2色や3色のアイシャドウをお使いの場合は一番濃い色を細いブラシかチップなどで目尻からまぶたの際にのせ、アイライナーの線をなぞるように目頭に横にのばします。点で埋めておいたアイライナーの線も自然になじみます

7.さらにアイラインで引き締める

これで目元がはっきりしている方やカジュアルに仕上げたい時はスキップしてもよいですが、目元をさらにはっきりさせたい場合は、ペンタイプの極細リキッドアイライナーで、目尻からまつげの際にラインを重ね入れます。仕上げに2mmほど平行に外側に線を伸ばす感じでラインを書き足すとキリっとした目元になります。

8.最後にマスカラで仕上げ

今はすっきりした自然なまつげが主流。ボリュームタイプや繊維がたっぷりのものではなく、ストレートやセパレートタイプのマスカラをまつげの上側、中央からひと刷毛、次に下側から上にもちあげるように真ん中、目頭側、目尻側と扇状にのばします。ダマになってしまった場合はマスカラコームでほぐしておきましょう。下まつげは汚れやすいので特にマスカラを塗る必要はありません。

どうでしたか?

毎日フルメイクじゃないわ、という方は1~6の手順でやってみていたければと思いますので、明日からのメイクに取り入れてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です