大人のリップケア

大人のリップケア

大人のリップケア

こんにちは蓉子です。

だんだん寒さが増してきて、乾燥する今日この頃。

唇がカサカサで口紅も決まらない!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

細部がきちんと整っていると清潔感がましてよりキレイにみえますので、スキンケアとセットでリップクリームを塗るなどのケアを習慣づけて。
水分をしっかりとることも大切です。

乾燥だけじゃ無い、唇の荒れの原因

皆さんはこの唇の荒れ、何が原因だと思いますが?じつは単なる乾燥だけが原因じゃないことも多いのです。

紫外線

唇は意外と紫外線の影響を受けやすい部分です。とくにウィンタースポーツなどを楽しまれる際は唇にもしっかりと日焼け止めを。
日常もUVケア機能のあるリップクリームで紫外線から守ってあげましょう。

クレンジング不足

今流行のティントリップは顔料で唇を染め上げるので、デリケートな方は荒れてしまうことも。
落ちにくい口紅をお使いの場合はしっかりクレンジングをしてあげましょう

ビタミン不足

ビタミンの中でもおもにタンパク質不足だと、口角炎などになりやすいことも。
ビタミンB2の含まれるお肉や卵、チーズなどをしっかりとりましょう。

年末年始などは特にお酒を飲む機会が増える時期ですが、お酒を飲み過ぎるとアルコールを分解するのにビタミンBが不足しがちに。

アレルギー反応

食物アレルギーやメントール入りのリップや歯磨き粉が原因ということも!
歯磨き粉はきちんと洗い流して、メントール入りリップクリームで荒れてしまう方は、ワセリンなどでケアしてみましょう。
お醤油やソースなどの調味料が長時間ついていると荒れてしまう原因にありますので、お食事後は濡れたおしぼりで拭き取るか、洗い流しましょう。

早くキレイになおすには?

唇の皮膚は新陳代謝が早いので、表面の角質があれている場合は1週間もすると角質が入れ替わりますので、適切にケアすると直ぐに直ります。

皮がむけているのを無理に剥がしたしたりすると、傷になって色素沈着などをおこす場合もありますのでやめましょう。

通常のリップクリームより、保水力が高く、密着がよい「ワセリン」でケアするのがおすすめです。

ワセリンを塗った後。呼吸しやすように中央に切り込みをいれた食品ラップをのせてしばらくパックしてみて下さい。

また、荒れている時は唇に負担が掛かる染料入りのティントリップや、ラメ入りリップなどは塗るのを避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です