スキンケア化粧品は大人の肌にどうして必要なの?

こんにちは、蓉子です。

たまに

「化粧品は使っても使わなくても同じだから…何もしない!」

という強者(笑)?にお会いする事があります。

要するに「お手入れが面倒」とか、「実感が感じられない」いう事だと思うのですが、確かに言われてみれば、そもそも何の為にスキンケアするの?と言われると…ちゃんと答えられない、という方も多いかと思います。

今日は専門家の立場から「スキンケアはなんの為にしているか?」
という素朴なギモンについてお答えしますね。

簡単にいうとスキンケア化粧品は「モイスチャーバランスを整える」為にあります。

皮膚にはもともと「水分・NMF(天然保湿因子)・皮脂」というお肌をまもる3つの要素があります。

若い健康な肌はこの3つのバランスが自然と保たれていて、お肌はしわやたるみなどが無い、滑らかでみずみずしい状態なのですが、残念ながら紫外線、ストレス、そして加齢などでこの3つのバランスはどんどん崩れてしまいます。

そのお肌を健やかに保つための3つの要素を人為的に補うのがスキンケア化粧品の役割ですので、

お肌に必要な3つのスキンケア要素
  1. 水分の代わりになる水溶性成分=ローションや美容液
  2. NMF(天然保湿因子)の代わりになる保湿剤=美容液やゲル、乳液
  3. 皮脂の代わりになる油分=オイルやクリーム

の3つの要素の化粧品を組み合わせて使う事が必要になります。

この事を知っておくと、お手入れはさっぱり化粧水だけ、とりあえず洗顔後はオイルを塗っておしまい…というケアでは不十分だったり、または油分のはいったクリームとオイルを重ねづけするケアはあまり意味がないかも?などがお解りいただけるかと思います。

今、ご自分のお使いになっているの化粧品はどんな役割をするものか、水分・保湿・油分の3つの要素をお肌に補えているか?チェックして観て下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です